第41回定期演奏会の曲紹介2

0
    こんにちは! ハイブリ公式Twitter(@hybrid_suisou)の中の人です。

    今回も、第41回定期演奏会の曲を紹介します!

    第1部の2曲目にお送りするのは…

    序曲《バラの謝肉祭》 作曲: ジョーゼフ・オリヴァドーティ

    初級バンド用の作品を多く手掛けた作曲家、ジョーゼフ・オリヴァドーティの作品。一度はこの曲に触れたことのある方も多いのではないでしょうか。最近では、アニメにもなったあの「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ小説にも登場したとか。

    ジョーゼフ・オリヴァドーティはイタリアで生まれ、アメリカで活躍しました。初級バンド用の作品を多く手掛けた…というだけあり、やさしいハーモニーと美しいメロディが印象的です。

    この曲は、そんなオリヴァドーティの特徴を表す美しいコラールから始まります。その後金管楽器によるスパニッシュな響きのファンファーレを経て軽快な曲調となり、一旦落ち着くと3拍子の穏やかな場面が作られます。再びファンファーレが響くと終わりに向かい、最後はまるでオペラの終曲のような華々しさとなります。短いながら、密度の濃い楽曲です。

    “謝肉祭”って…?

    『動物の謝肉祭』『ローマの謝肉祭』など、他にもタイトルに“謝肉祭”という言葉の入った曲がありますが、そもそも謝肉祭とは何なのでしょう?

    謝肉祭とは「肉を謝(ことわ)る祭」と、読んで字の如く、肉を断つための宴のことです。キリスト教の行事ですが、宗派によって形式は様々です。単に断食の前に行われたり、また別の宗派では、春の訪れを祝う祭だったりします。

    現代では宗教的な意味も薄れて、みんなでワイワイ楽しむイベントとして認識されています。謝肉祭は英語で"carnival(カーニバル)”ですが、カーニバルといえば、お祭り騒ぎをイメージする方が大半ではないでしょうか。リオのカーニバルなどが有名ですね。

    …というわけで2曲目の紹介でした! 第41回定期演奏会は、4月13日(土)18:00開場、18:30開演です! チケットはお近くの団員、または画像下部の連絡先まで!ご来場お待ちしています。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode